ヒューマン漫画

悪い推しほどよく炎上える(池田ユキオ)最終回のネタバレ感想

尽くした末に自分をゴミ扱いして裏切った「オキニ」2.5次元俳優の流星に対して、可愛さ余って憎さ百倍!と復讐を開始するドルオタ・美月。

池田ユキオ先生の漫画「悪い推しほどよく炎上える~私のオキニがやらかしまして…~」(分冊版)2巻では、復讐の怨霊と化した美月が尋常ではない行動力で流星を追い詰める内容になっています。

スポンサーリンク

「悪い推しほどよく炎上える」2巻のあらすじ・ネタバレ

 

公共料金が止まったゴミ屋敷で「スマホ代」だけを死守して、ネット上の流星の行動を監視する美月。

「嘘つき嘘つき嘘つき」

頭の中はそれだけ。

 

嘘つき流星を「引きずり下ろす」ためだけに、ありとあらゆるネット画像や言動を拾いまくる。

 

やっと見つけた「スキャンダルネタ」をもとに、元同僚を脅して「証拠がため」、さらにオタク仲間だった梨花を利用して「罠」を仕掛けた。

 

そして始まったSNS上の爆弾攻撃。

 

ファンからの「愛の証」であるブランドもののプレゼントの数々が「フリマアプリで売られている」。

遊園地で「家族」と偽ってグラドル・麗華とデートしていた嘘。

極めつけは、梨花と流星の「隠し撮り」動画・・・

 

これが、わたしたちがず~~~っと愛してきた橋下流星のクズ習性なのだ、と。

謎の暴露アカウントを駆使して流星のファンたちを煽動する美月だったが・・・

 

「悪い推しほどよく炎上える」2巻 最終回の感想

 

追っかけさんがアイドルに捧げる愛情と情熱。

 

ほんの一言「ありがとう」と言ってもらえれば、なんでもしてあげたくなる!

彼が輝くためなら、お金なんてバンバン使っちゃう!この金額こそがわたしの「本気の愛」!!

 

大体は見返りのない、無償の愛のように見えますけれども、この世に「本当の無償の愛」はないってことでしょうか。

 

手の届きそうで届かないアイドルに夢を見て、勝手に幻滅して怒るファン心理、というのか。

 

流星があまりにもわかりやすいタイプのクズゆえに、美月のほうが冷静に考えても気持ち悪いくらいの執着で、行き過ぎた愛情をぶつけているのがわかっていても「ガンバレ〜!」と応援したくなってしまいました(笑)

 

あと、すっごく笑えたのがオカメみたいなドブスの「姫」が、流星への熱が冷めたら常識的なキャリアウーマンに戻って(ドルオタとしての姫のころから働いていたんだろうけど)ました。

 

そっちのほうがキレイでかっこいいのに・・・人間の「裏と表の顔」というのは、興味が尽きないものです。

 

美月がSNSをうまく使って流星をつぶして、再起不能にしてしまったので、美月もこれでまともに・・・と思いきや。

 

なんと。

『新しい推し』

を発掘。

 

美月の、「愛しながら憎んでいる」ようなあり方に「アイドルを好きになるって、コワいかも・・・」と、ちょっぴり感じてしまいました。

 

終わり方からして、たぶんこれで最終回だと思うのですが、続編が出てもおかくない雰囲気でもあるのでまた『ドロ沼のドルオタストーリー』が出てきそうです。

 

池田ユキオ先生の作品は、「これって自分のことかも」あるいは「友人にいる、こういう人」と身近に感じるリアルな心の闇をえぐりだすので、読む人によってはチクチクしちゃいますね。

 

「ゴミ屋敷とトイプードルと私」シリーズの新作も出ているので、チェックしてみてください!

 

#ラブと癒やしとホントの私(ゴミ屋敷とトイプードルと私)第1話ネタバレへ

 

 

 

 

当サイトのまとめサイトへの転載・リライトは禁止です。

 

Copyright© 漫画ネタバレまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.