異世界転生漫画・SF

転生悪女の黒歴史 ネタバレ感想 冬夏アキハル

2019年1月5日

不慮の事故によって「過去に自分が執筆した黒歴史ラノベ世界へ転生」を果たしたコノハ。

本当なら主役の「カッコイイ騎士に愛される優しく純真無垢な伯爵令嬢」になると思ったのに・・・なぜか「ヒロインを邪魔する性格悪い妹」である超悪役キャラに転生して!?

 

冬夏アキハル先生の漫画「転生悪女の黒歴史」は、異世界転生ものの中でも新たなジャンル?となりつつある「悪役令嬢」ものです。

 

イタすぎる「妄想小説の黒歴史」の中で、バッドエンドを回避しようとするコノハはどうなってしまうのか?

 

スポンサーリンク

「転生悪女の黒歴史」1巻のあらすじ・ネタバレ

 

佐藤コノハが中学生のころに夢中になっていたのが・・・

 

『恋と魔法の冒険ファンタジー妄想小説』

 

モチロン、ヒロインは自分自身で「コノハ」という名前。

伯爵令嬢であり、美少女でイケメン騎士に熱愛されるワタシ。

 

いつか私は異世界に召喚されるんだ、と勉強よりも人生を捧げていた。

 

時は流れ10年後・・・

社会人になっていたコノハにとって、例の妄想小説は『黒歴史』として実家の押入れに封印されていたが、ある日母親がソレを見つけてしまう。

 

その瞬間、交通事故で現世での命を終えてしまったコノハ。

 

気がつくと、そこは小説の世界で、しかもコノハは「ヒロイン・コノハ」ではなく、姉に嫉妬して邪魔しまくる「悪女・イアナ」になっていた。

 

婚約者・ギノフォードと恋に落ちた〈コノハ〉を妬み、婚約を邪魔して命を狙ったイアナの悪行が暴かれ、処刑寸前。

 

なんで、わたしが悪役なのーーーーー!

しかもこのままじゃ、(ストーリー上)しんじゃう!!

 

過去の自分が執筆した黒歴史の異世界で、〈コノハ〉の妹である〈イアナ〉になってしまったコノハは、ストーリーを思い出しながらバッドエンドの回避に全力を出す。

 

「転生悪女の黒歴史」の感想

 

テンプレストーリーとはいえ、とてもおもしろい!!

 

美しく優しく、清らかなヒロインではなく、そのヒロインを陥れる超悪女の役割で転生してしまったコノハの狼狽っぷりがコメディチックで楽しくなりました。

 

妄想ストーリーで悪役をつくるときって、とんでもないくらいに悪いやつ(笑)につくってしまうものですから、転生前の〈イアナ〉は救いようのない悪女でしたが・・・

 

コノハに入れ替わってしまったわけですから、何も知らない周囲が「いまさらイイコぶったってオマエの本性はわかってんだよ」的な敵意を向けられてしまいます。

 

コノハはいわば、「妄想世界の創造主」でもありますから、これから〈イアナ〉の身の上に起こることもわかっているわけで。

 

本来であれば悪女にふさわしい「バッドエンド」が待っていました。

 

で、その鍵となるのが、昔ヒロインに命を助けられた青年・ソルなわけで、彼が〈イアナ〉の命を狙っていて、「どうすればこの設定を変えられるのか」四苦八苦しているコノハの心境になってドキドキしてしまいます。

 

コノハの素敵なところは、〈コノハ〉にもやってくる危機を察知して、なんとか助けようとするところ。

 

やっぱ、ヒロインはこうでなきゃ!

 

なお、こちらの作品はこの単行本の中で本編3話が入っており、表題作のほかに短編が入っています。

次巻も楽しみですね〜!!

 

>>「転生悪女の黒歴史」試し読み

 

異世界転生で悪役令嬢ものレビュー

悪役令嬢の追放後! 教会改革ごはんで悠々シスター暮らし(漫画版)感想へ

 

 

 

当サイトのまとめサイトへの転載・リライトは禁止です。

 

Copyright© 漫画ネタバレまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.