異世界転生漫画・SF

宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する(漫画)ネタバレ

2018年3月22日

宝くじで大金を手に入れた青年のお金の使いみちは・・・『異世界で開拓ボランティア(村おこし)』!?――コミック版「宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する」は、異色の異世界ファンタジーです。

 

いわゆる主人公の『チート能力』は「財産と日本の技術」のみ。

人のいい青年・カズラは、高額当選金を使って貧しく文明レベルの低い異世界を発展させていき、やがて「豊穣の神」様扱いされるようになりますが・・・

こちらでは第1巻の登場人物のご紹介、そしてネタバレ感想をご案内します。

スポンサーリンク

「宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する」のあらすじ

 

志野一良(カズラ)はある日「40億円の宝くじ」に当選し、会社を辞めて大金でウキウキ生活・・・をするつもりが、どこかから高額当選をかぎつけてきたハイエナどもに「寄付」「金貸して」とタカられそうになる。

静かな場所へ避難するため、先祖代々所有している古い屋敷に行くと、扉の奥には「異世界」が待っていた。

 

どう見ても日本じゃない異世界に戸惑うカズラだったが、そこは病が蔓延する村で村長の娘・バレッタに泣きつかれて病気の父親・バリンに「薬」だと栄養ドリンクを飲ませた。

効くはずがない・・・と思っていたのに、虫の息だったバリンが即全快。

 

他の村人たちも、カズラが日本からもってきた栄養ドリンクでたちまち治癒してしまう。

カズラは「日本の薬・食材」がどういう理由でか、異世界の住人たちにとって「てきめん効く」ことに気づき、有り余る財力を使って栄養ドリンク、食材、村を発展させるための器具を日本で購入し、異世界と何度も行き来する生活をスタートした。

 

「宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する」の登場人物たち

 

志野一良(カズラ):26歳。宝くじで40億円を当てて仕事を辞め、なりゆきで異世界で農業開拓ボランティアをする。能力的にはごく普通の人間。大金を手にしても性格が変わらず、のんきなお人好し。

バレッタ:村長の娘。異世界でカズラが初めて関わった人間。「アルカディア」という国の住人。明るくけなげで素直な性格。

バリン:バレッタの父親でグリセア村の村長。カズラが飲ませた栄養ドリンクで病が治る。

コルツ:グリセア村のいたずら小僧。カズラの正体に興味津々であとをつける。

アイザック:領主・ナルソンに仕える騎士。グリセア村に税金の取り立てにくる。リーゼに惚れてる。

ナルソン:王家から統治を任されている貴族。バレッタたちの暮らす村の領主。「アルカディアの盾」の二つ名を持つ。

ジル:ナルソンの妻で夫の実務を助ける。バルベールとの戦を憂いている。

リーゼ:ナルソンの娘。美人だが「金持ちと結婚して贅沢三昧したい」という腹黒な一面もある。

グレイシオール:異世界での「豊穣の神」の名前。村人たちはカズラを「豊穣の神」と崇める。

白骨:カズラの古い屋敷とつながる異世界通路に横たわっていた。村人の伝説から、過去にカズラと同じように異世界へ行き来していたことがうかがえる。カズラの遠い先祖? カズラの手で異世界で埋葬される。

 

「宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する」の感想

 

異世界転生ものって、ワンパターンだけど面白いですよね。でも、さすがにお腹いっぱいになってきた・・・という方におすすめしたいのが本作。

 

お決まりのチート能力で「オレTUEEEEE〜〜!!」な万能感あふれる主人公ではなく、日本でどこにでもいるフツーの青年。

ただし、宝くじのおかげで一生使い切れないほどの大金をもっている、というアドバンテージがあります。

 

また、一般の異世界ものと違う点が「日本と異世界を何度も簡単に行き来できる」という点で、これはちょっと新しい。

たいていの異世界ものは不慮の事故で命を失った主人公が転生、ですから元の世界へ帰還するシナリオってないですもんね。

 

めちゃくちゃ親近感あふれる設定で、言うなれば『異世界版・リアルシムシティで遊ぶ主人公』といった雰囲気でしょうか。

 

カズラに特に異世界を開拓する動機ってのもなくて、たまたま異世界行っちゃったら貧乏で病気がちな村人たちを見て、なりゆきで助けちゃってそのまま開拓ボランティア始めちゃったよ!みたいなゆるゆるな流れ。

下手に「俺がこの世界を変える!」という意気込みもなく、大金を手にしたからと言って豪遊三昧するわけでもなく、ひたすら「村おこし」のために金の力であらゆるトラブルを乗り越えていくんですが、これが意外とおもしろい。

 

よく、想像したことってありませんか?

『宝くじがン億円当たったら、何に使おうかな・・・』

 

お金って意外と「今日は豪遊するゾ!」って思っても、有意義な使いみちが思いつかないんですよね。

食べたり飲んだり、なんて限界があるし。そう考えると、ガンガン金つかいまくって「異世界でいいこと」している主人公が爽快です。

 

欲しいもの・必要なものを躊躇なく「札束、ドーン」って楽しくないですか? 読んでてこっちも楽しくなりました。

何か買ってあげるたびに、村人たちからものすごく感謝されるのも気分がいいでしょうしね。金の力って、カ・イ・カ・ン♡

 

ただ、「なんの力もないごく普通の人間」ですから、戦争が起こる異世界で危険な目にあったら、あっさりポックリいってしまうのではと読んでいてヒヤヒヤします。

例の『白骨』さんも、時の領主に追われてあんな姿になったわけで。カズラの先祖っぽいんですが、どうなのかな。(原作未読)

 

とりあえず、金の力で村の生活をどんどん豊かにしていったカズラですが、目立ったことをして貴族に気づかれないわけもなく。

異世界における戦争の気配もあるしで、どこまで「財力」で乗り切れるかが見ものですよ〜!

 

 

 

 

当サイトのまとめサイトへの転載・リライトは禁止です。

 

Copyright© 漫画ネタバレまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.