少女転落

少女転落「SNSストーカー〜監視中」ネタバレ感想 美咲りょう

2018年3月12日

SNSでささやかな交流を楽しんでいたつもりが、じつは女子高生狙いのネットストーカーだったなんて――

美咲りょう先生の漫画「少女転落」3作目「SNSストーカー〜監視中」は、ツイッターで知り合った男性を「いい人」だと信じ、軽い気持ちでついていってしまった女子高生の悲惨な末路が描かれているお話です。

スポンサーリンク

「少女転落 SNSストーカー」のあらすじ

 

女子高生・美幸の最近の楽しみは、ツイッターで絡んでいる「ふーやんさん」からリプをもらうこと。

彼は大学生で、いつも優しい人柄を思わせるコメントをくれる。美幸は彼を「優しい人」だと信じていた。

 

だが、クラスメイトの茜は美幸のノロケを聞いて、まるで監視されているみたいだ、と冷水を浴びせた。

即リプし、「写真を見せて」と要求する「ふーやんさん」は、超絶あやしい、と。

 

そんなことはない、彼はいい人だと反発する美幸。

美幸はランチの場所を写真付きで気軽につぶやいており、そこで「偶然にも」ふーやんさんと出会ってしまったが・・・

 

本当は怖いTwitter!?

 

気軽に誰とでも会話できるツイッターにハマっているひとは、少なくないと思います。

「最強の情報収集ツール」と言う人もいるほど、リアルタイムで最新のトレンド情報を集めることもできるし、「〇〇を教えて!」とつぶやけば親切な人が即レスで教えてくれることもある。

 

その反面、情報発信しやすいということは『情報漏えい』しやすいとも言えます。

本人の顔写真を投稿しなくても、写真からはある程度の個人情報を知ることはさほど難しいことではないとか・・・

 

何も考えずに「どこそこでランチ、なう」と写真投稿すれば、あなたが今どこで食事をしていて、日常の行動範囲、年代、性別はおろか個人情報丸見えで身バレしかねないのです。

飲食店バイトの若い子が、ツイッターでトンデモ写真を投稿し、若気の至りの悪ふざけの果てに炎上、拡散、特定、クビ・・・とえらい目に合わされるニュースもしょっちゅうです。

 

この漫画の美幸もまた、「優しいいい人」だと勝手に思い込んでいた「ふーやんさん」からストーキングされ、パックリ食べられてしまうことに・・・(比喩的な意味で)

Twitterが怖くなるお話です。

 

「少女転落 SNSストーカー」の感想

 

美幸は女子高生、ということもあって世間知らずで人を信じやすい普通の少女でした。

だからこそ、Twitterで優しげに話しかけてきた見ず知らずの男性を簡単に信じて「いい人だもん!」と女友だちたちに証明しようとやっきになってしまいます。

 

友達のひとり・茜は用心深く、賢い少女でしたから、美幸に忠告しましたが、逆に「感じ悪い!」と美幸に恨まれてしまいました。

このシーンを読んで、わたしも若い頃にすごく危ないことをしようとしていた女友達に「やめておいたほうがいいよ」と言って逆ギレされて、関係が悪くなった過去を思い出しました。

 

友達だと思っていろいろ忠告したくなることってありますけれども、たいていは逆恨みされる結果になるので、本人がひどい目にあってから自分で気づいて反省するまで放っておいたほうがいいんですよね、こういうケースって。

 

以降、下手な忠告はせずに見守るだけになりましたけれども・・・アドバイスって、テンション上がってる人間にとっては「余計なお世話」でしかないんでしょう。

どんな結果になっても、結局は本人のした選択ですから、たしかに余計なお世話なのかも。

 

美幸みたいなタイプの子がいたら、「わ〜いいんじゃない! 素敵! 頑張ってー(棒)!!」と調子を合わせて盛り上げてあげると、「嬉しい!ありがとう!!」と喜んでくれるはずです。

善意で忠告して恨まれるより、夢を応援してあげるのが「いい友達」でしょうから。

 

そんな思い出があるせいか、案の定、美幸がラストでめちゃくちゃひどい目(たぶんトラウマになって人生再起不能になる系)にあっても、あまりかわいそうだと思えませんでした。

 

それにしても、「少女転落」シリーズは胸糞展開が多いですね・・・

 

少女転落シリーズ第5話

少女転落「ネット炎上〜誰かが私を憎んでいる」ネタバレへ

 

アラサーぼっち喪女ストーカーの漫画

あなたは特別な王子様~暴走するストーカー女~ネタバレへ

 

 

当サイトのまとめサイトへの転載・リライトは禁止です。

 

Copyright© 漫画ネタバレまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.