俺たちつき合ってないから

俺たちつき合ってないから 1巻のネタバレ感想 宮崎摩耶

2019年6月20日

年収3,000万じゃないと無理!なカネ目当ての高飛車女と、そんな女たちを食い物にする結婚詐欺系のクズ男の化かしあい。

漫画「俺たちつき合ってないから(作画:宮崎摩耶 原作:山崎智史)」

 

こちらでは第一巻の「やさしさだけじゃ肉は食えない」をご紹介いたします。

スポンサーリンク

「俺たちつき合ってないから」 1巻のあらすじ・ネタバレ

自分は低スペックなのに高望みの玉の輿狙いなゆりか

 

狭いアパートの汚いゴミ屋敷で、昼は声優業、夜は水商売で稼ぐゆりか。

「男は、金と名誉と地位」と公言してはばからない、「金がすべて」の女。

 

友人たちはとっくに結婚しているのに、前の彼氏は月収15万の貧乏でケチな、誕生日プレゼントすらブランド物が買えない低スペックさで別れた。

 

「年収3000万円以上ないと、結婚はイヤ」

 

それだけあれば、好きなだけ、お肉を食べられる。人生逆転できる。

 

だが、現実には貯金残り3000円、という人生崖っぷちすぎるゆりかであった。

 

年収3000万円の運命の男、み〜っけ!!

 

場末のクラブで、「選ばれし(声優の)わたし」が、接客なんてしている。

 

こんなのはただのバイトだから、と仕事を馬鹿にするゆりかに、マネージャーも冷たい。

 

年収3000万円の男以外はゴミ!と、暴れるゆりかにやさしく声をかけたのが・・・

 

「理想そのもの」の年収3000万円の男だった!

 

「俺たちつき合ってないから」1巻の感想

 

主人公のゆりかなんですが・・・こんなひと、現実にいるのかなってくらいにイタイ女で、自己顕示欲の塊だし、性格悪いし、タカビーだし、いくら美人でも最悪な女。

 

しかも、頭の中は「金がほしい!金!金!金持っている男!!」って感じで、どうしょうもないほどの底辺。

 

一方で、ゆりかの運命の相手となる男性もまた、冒頭の内容からいかにも女をだましているクズっぽいのがわかります。

身なりのいい、パリッとしたスーツに理知的なメガネの優しいイケメン風な雰囲気。

 

まだハッキリ描かれていませんが、ゆりかは相手の男性に弄ばれて、騙されて捨てられるんだろうなあ。

 

なんていうのか、カネ目当ての女と、そういった女の欲望をうまく利用しつつ騙して利用しようとする、嘘つきのクズ男のお話。

 

読んでいて癒やされるところがまったくない(笑)んですが、不思議と、絵がキレイなせいもあって、性格最悪のゆりかが結構かわいそうに見えてきます。

 

お育ちがいまいち?貧困家庭出身で苦労して、ゴミ屋敷ながらも、自分の稼ぎで自立して高収入ハイスペック男をゲットしてのしあがろうとしている野心家です。

 

はすっぱなフリをしていますけれども、詐欺師にあま〜い言葉をかけられたらコロっと騙されてしまいそうな世間知らずさもありそう。

 

結婚している女友達の前で強がっているところも、独身女性ならなんとなく共感できるのではないでしょうか。

お互いに見下し合いつつも、笑顔でマウンティングしあうドロドロ感は女子会でもよくありますよね。

 

とにかく、自意識過剰で個性が強すぎるゆりかが痛すぎて、これからどんな目にあうのか見てみたい(笑)

 

つづく!

 

「俺たちつき合ってないから」2巻の感想へ

 

 

 

当サイトのまとめサイトへの転載・リライトは禁止です。

 

Copyright© 漫画ネタバレまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.