恋と弾丸

「恋と弾丸」3巻のネタバレ 口から砂糖ドバーッな甘々ラブ!

2019年1月6日

箕野希望先生の漫画「恋と弾丸」3巻は・・・

口から砂糖が止まらない、桜夜才臣とユリの甘すぎるイチャラブな内容です。

 

危険な世界にいるから「内緒の恋」。

どんなことがあっても「最期まで愛しぬく」と誓う才臣に、溺愛キュンキュン♡

 

深い愛を捧げてくれる才臣のために、ユリが「あること」を始めたことで、逆に彼の怒りを買ってしまう!?

 

スポンサーリンク

「恋と弾丸」3巻のネタバレ

 

才臣の恋人になると決めたユリ。

二人はひそかに結ばれ、絶対に変わることのない深い愛を誓い合う。

 

その証に才臣がくれたのは・・・

 

過日、才臣を撃った弾を加工してつくった「桜のピアス」だった。

誰にも知られてはいけない関係だからこその、「恋人の証」

 

ユリは才臣が「命を燃やし尽くしてしまう日」までそばにいて、愛する。

才臣は「この身が散るその日まで」ユリを愛するという、誓いを立てる。

 

最高に幸せを感じるユリだったが、毎日彼とは会えないさみしさの中で、「お返し」をしたいと思うように。

 

自分の力でありったけ稼いだお金で、なにかを贈りたい。

 

「時給3000円」

という高給バイトに釣られて働き始めたユリだったが、そこで運悪くバレてしまって・・・

 

「恋と弾丸」3巻の感想

 

とにかく、

 

イチャイチャ イチャイチャ イチャイチャ イチャイチャ〜〜〜

な展開で、

 

普通だったら「リア充爆発しろ」的な意見になるんですけれども、マグマのように燃え上がる二人の愛のスピードについていけないくらいで、素直にイチャラブを楽しめました。

 

非現実的なくらいに、情熱的で一途に溺愛してくれる才臣は、実際にありえない男性(笑)なんですけれども、絵がキレイだし細かいところはどうでもよくなってきます。

 

ユリのどこにそんなに惚れたんだろう、って最初は思っていましたが、もちろん見た目の美しさとみずみずしい若さは前提条件として、「律儀な性格」っていうのもあると思いました。

 

ただ与えられているのではなく、もらったぶん以上に相手にお返ししたい、という当たり前のことですけれども、最近はなかなかこの当たり前ができないケースも多いですし。

 

気が強くてしっかりものなのも、こういう業界の男性にとっては逆に魅力的でしょうしねー。

(気が弱くてベソベソ泣くタイプは、合ってないですもんね)

 

まさにふたりはラブラブ期に入っているわけですが、ここで水を差す(というよりも火に油を注ぐ?)ネタ投入で目が離せない!

 

時給の高さで選んだバイトが、秒速で才臣にバレて(選んだ仕事のジャンルが夜の仕事系だから、893つながりですぐバレる、というのも自然ですよね)しまい、今度は軽いお仕置きタイムでしょうか。

 

夜の帝王のように、クラブに君臨する才臣。

笑顔の裏には、「こわ〜い嫉妬だらけのオトコの顔」が!?

 

次巻は嫉妬にくるった才臣の、怖すぎる態度に別の意味でドキドキしちゃいますよ〜!!

 

 

 

当サイトのまとめサイトへの転載・リライトは禁止です。

 

Copyright© 漫画ネタバレまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.