声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~

声なきものの唄〜瀬戸内の女郎小屋〜ネタバレ 第21話 出会い

2017年12月3日

今回のお話はチヌの客のひとりで、海運会社の社主・後藤田の妹のお話。

「強盗後藤田」と呼ばれ、恐れられている辣腕家で怖いもの知らずに見えた後藤田ですが・・・たったひとつの弱点がありました。

それは、妹の朱鷺子。

 

声なきものの唄〜瀬戸内の女郎小屋 第21話「出会い」では、朱鷺子がなぜ女郎を目の敵にしているのかがわかります。

そして、妹にめっぽう弱い後藤田の困った顔が見どころです。

スポンサーリンク

「声なきものの唄」第21話 あらすじとネタバレ

後藤田とチヌのもとに乱入した妹

 

後藤田が千鳥太夫こと、チヌのもとで過ごしていたところ、商売上で彼に恨みを持つ唐沢が必死に抗議していた。

なんとも無情な「強盗後藤田」の顔を見せる後藤田に、自分を「女郎ごとき」と見下しているとわかっていながらも笑顔で相手しなければならないことに理不尽さを感じるチヌ。

「兄さん!」

突然、後藤田の妹・朱鷺子が部屋に乱入し、「あんた、もう兄をたぶらかさんといてや!」と兄を無理やり引きずるようにして出ていった。

 

妹に頭が上がらない後藤田

 

朱鷺子は美しい女性で、後藤田の同業者である堀口家に嫁いでいた。

堀口へ嫁いだのは政略結婚で、後藤田が商売で飛ぶ鳥を落とす勢いなのも、妹のおかげだった。

そのため、後藤田は気の強い妹に頭が上がらない。

朱鷺子は今、婚家で問題があり、実家へ出戻っていた。

 

朱鷺子が花柳界の女を憎む理由

 

チヌと若様が、ひさしぶりに船で釣りを楽しんでいると、朱鷺子がたまたま虫に驚いて水に落ちる瞬間に出くわしてしまった。

若様に助けられた朱鷺子だったが、一緒にいたチヌを見て「けがらわしい!」とツンケンした態度を取る。

 

朱鷺子に対して親切な若様だったが、ピシャリと「矢津の女性を侮蔑する方と二度とお会いしたくない」と去る。

一連の騒ぎを知った後藤田は、チヌと若様に深く詫び、なぜ妹があのような女になったのかを説明した。

 

堀口に嫁いだものの、朱鷺子に子が生まれずに気まずくなり、そこへ旦那が身請けした芸者が息子を産んだのだという。

玄人女が我が物顔でいる状況に耐えられず、朱鷺子は婚家を飛び出し、花柳界の女を憎むようになっていた。

 

巴姐さんに叱られる朱鷺子

 

意地を張って家出した朱鷺子は、旦那が迎えにきてもつかみ合いのケンカをするほど気が強かったが、内心はひどく心細かった。

兄の役に立つなら、と好きでもない男に嫁いで、子を産めないと姑からいびられた日々。

 

そして肝心の夫は自分から離れ、芸者に通うようになり、本妻の意地だけで耐え抜いてきたのに。・・・あの日までは。

下賤の女が子供を産んだだけで自分の上に立つなど、とうてい許せなかった。

 

芸者も女郎も、同じく手練手管で男をからめとる下賤なもの。

チヌの前で偉そうに「いっそ女郎ならよかったのに」と嗤った朱鷺子を、巴姐さんが黙らせる。

「甘ったれた女だきゃ、ダメや好かん」

 

あんな女にまで馬鹿にされた、と泣いて出ていった朱鷺子の身に危険が迫っていた。

※今回のお話は読み切りではなく、次回へとつながっています。

 

「声なきものの唄」第21話の感想

 

豪快で強面な後藤田ですが、妹の前では形無しでしたね〜!

朱鷺子を前にすると、「兄」の顔になっていて、すごく妹をかわいがっているんだろうなあというのがわかります。

それに案外素直で、妹が迷惑をかけたからと若様とチヌに謝ったので好感度アップ。ギャップ萌え、な後藤田です。

 

妹の朱鷺子は、兄に似て気が強くて美人で女学校をトップの成績で卒業した才女でしたが、不幸なことに嫁いだ家で子供ができずに肩身の狭い思いをしていました。

夫がよそで浮気して、芸者に子供が先にできてしまったことで、プライドの高い朱鷺子は深く傷つけられていました。

 

今回は朱鷺子がメインですが、地味にチヌ&若様のちょっぴりラブな雰囲気が漂っていてムフフな感じでした。

そして、朱鷺子に怒った若様のりりしさと言ったら・・・♡ 

チヌに対する若様の強い思いが感じられましたね。上品なひとだから、感情的ではないけれども、逆に静かに怒るひとって怖いかも。

 

ラストでいきなり、朱鷺子が拉致られたのでサスペンス展開になってしまいました。

後藤田に恨みある商売敵でしょうね・・・つづく。

声なきものの唄 22話のネタバレへ

 

 

当サイトのまとめサイトへの転載・リライトは禁止です。

 

Copyright© 漫画ネタバレまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.