ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜漫画31&32巻ネタバレ考察 まさかのカズ再登場!?

地味でおとなしい、これと言って特徴のない秋山の妻・美和子が、じつは万引常習犯でしかも息子を使っていた!

さらに美和子と秋山が結婚するように裏で誘導していたのが、なんと瑠衣だった!?

 

おまけに、蛍太くん誘拐を狙う瑠衣を押し留めたのは、退場したはずのカズ???

というてんこ盛り展開です。

スポンサーリンク

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜31&32巻ネタバレ 丘上あい

美和子、錯乱の末に夫に万引きがバレる

 

瑠衣との電話のせいで「爽に夫と子供を取られてしまう!」と半ば錯乱状態に陥った美和子は、会社までおしかけて大騒ぎを起こす。

爽の同僚の機転で秋山が呼ばれ、美和子を引き取る。

 

そして秋山には瑠衣から送信された「息子を使って万引している美和子の様子」を撮影した動画があった。

 

美和子が万引するようになったのは不幸な生い立ちのせい

 

両親が亡くなり、弟と妹を連れて叔父夫婦の世話になりつつも、なじめずに浮いていき卒業と同時に家を出た美和子。

弟と妹は、姉を忘れてかわいがられ、さみしさから万引きをしてしまう。

 

バイト先のイタリアンレストランで出会った秋山の、さりげない優しさに惚れて一途に想うように。

秋山は地味な美和子など目に入らず、イタリアへ修行へ行くが、帰ってきたところで彼のお店へ面接に行きアタック。

 

瑠衣が秋山と美和子をデキ婚するように策略

 

おとなしい美和子は積極的になれなかったが、ある日「秋山の妹」だという瑠衣がやってきて何かとアドバイスするように。

 

困ったひとを見捨てられない性格、とささやいて美和子に「かわいそうな女」アピールさせ、

お兄ちゃんには、忘れられない女がいる。と言ってあせらせる。

 

そして「既成事実をつくれ」とけしかけて、美和子は言われるままに秋山の子供をみごもり、デキ婚させたのだった。

 

爽と守屋の接近、そして過去の自分の「罪」に気づく

 

なんであんな女と結婚したのか、錯乱した美和子を見て、それでも秋山に大事にされている美和子がうらやましい。

秋山は、絶対に妻を見捨てたりしない。

 

そのことがわかっているから、なおさらつらい。

そんな心の弱った爽に守屋はつけこんでこようとするが、自分自身が「秋山を忘れようとしてカズと結婚し、浮気されてプライドが傷ついたからとカズを傷つけた」罪に気づく。

 

「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」31&32巻の見どころ

 

もちろん見どころは、「悪魔のように兄、ならびに他人の人生を思い通りに動かそうとする瑠衣の邪悪さ」です。

 

なんのためらいも、罪悪感もなく、

「お兄ちゃんの子供なら絶対かわいいに決まっているし!でもわたしが子供うめないから、テキトーな女とくっつけて生んでもらう!」

という計画を実行した瑠衣。

 

そのうえで「お兄ちゃんはわたしだけのお兄ちゃん」とほざける精神の強さ。

悪の華、というのでしょうか。その魅力にひきこまれていきそうです。

 

31&32巻の結末と考察

 

「瑠衣の本当の目的」は、「お兄ちゃんの子供を自分のものにする」ことなのかなあ、と漠然と思った内容でした。

 

いままで、かなりキチっている行動をしている瑠衣ですが、一体何をしたいのかがさっぱりわかりませんでした。

けれども今回の内容でやや、瑠衣が欲していることがわかったかも。

 

「お兄ちゃんの子供がほしい」

でも、自分ではどうしても産むことができない体だから、と美和子を利用して目的を達成しようとしているように見えます。

 

瑠衣はこうすることで、爽を傷つけて、秋山の人生を操り、「お兄ちゃんの子供」を手に入れるというメリットがあったわけです。

 

美和子を選んだのは、「おとなしくて頭が悪くて、あとでどうにでもできるから」という理由かな?

爽と違い、とても弱い人間なので、たしかに瑠衣に太刀打ちできる女性ではありませんしね。

 

ただ、秋山自身は責任感がそれなりに強いみたいで「どんなことがあっても、妻子が一番大切」という基準があって、美和子が万引しようと、結婚に至った経緯が詐欺であろうと妻子を捨てる気はなし。

 

これ以上、周囲の人間の人生を壊していけば、いくら秋山でも瑠衣を絶対に許さないだろうし、愛情よりも憎しみのほうが勝ってしまうでしょう。

 

案の定、ラストで蛍太くんの誘拐をしようと保育園までストーキングしていましたが・・・阻止したのが、「あいつ」だったとは。

もう二度と出てこないんじゃないかなーと思ったキャラなだけに、意外な再登場でした。

 

このタイミングで出てきたってことは、瑠衣の目的や行動も把握しているってことですかね。

爽のほうはビミョーな同僚に口説かれているところですが、まあ、なびく理由なんてないですよね。

 

でも、彼のおかげで爽の中にあった「カズを恨む気持ち」みたいなものがなくなったのかも。

誰かを憎むのって、それだけでつらいものですから、爽にとっては良かったと思います。

 

それにしても、誘拐を阻止された瑠衣が一体どうするのか。来月がドキドキします。

 

来月の配信はまだ決まっていないっぽいですが、延期がなければ12月末ころでしょうね。

ではでは!

 

>>「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」試し読み

 

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜1巻のネタバレへ戻る

 

 

 

当サイトのまとめサイトへの転載・リライトは禁止です。

 

Copyright© 漫画ネタバレまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.