面白い漫画ランキング

2017年に読んだおもしろい漫画の振り返りランキング

2017年も年の暮れ。みなさま、おもしろい漫画でも読みながら大晦日をお過ごしでしょうか。

今年もたくさんの漫画が出版され、超人気のイチオシ作品から、隠れた名作、面白いのにあまり注目されていない作品など、当ブログにてご紹介させていただきました。

ご訪問いただきました方々、みなさまにお礼申し上げます。

 

さて、せっかくなので管理人チョイスの『2017年に読んだおもしろい漫画の振り返りランキング』をご案内します。

※独断と偏見で選んでいるので、よろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

ランキング1位!『凪のお暇』

 

コナリミサト先生の『凪のお暇』。

この作品を選ばずして今年は語れない・・・というほどに、心をつかまれた作品。

 

空気読みすぎるゆえに生きていくのが辛いOLだった凪が、ある日とうとうプッツンしてドロップアウト。

仕事もモラハラ彼氏も捨て、『お暇』生活に入る凪の新生活にほのぼのします。

同じように空気読んじゃって損しているタイプの人なら、共感の嵐です。

凪のお暇 第1話〜3話のネタバレ感想 コナリミサト

コナリミサト先生が描く漫画「凪のお暇」は、一風変わった28歳、独身女性の人生リセットコメディ。 第一話「凪、ドロップアウ ...

 

ランキング2位!『ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜』

 

丘上あい先生の新作で今、もっとも注目されている「登場人物全員が裏切り者」というラブサスペンス。

子供がいないことが悩みの、仲のいいDINKS夫婦・・・その裏には夫の裏切りに親友の裏切り、果てはヒロイン本人の裏切りが。

それぞれの「嘘」がストーリーが進むにつれて見えてきて、目が離せない注目作です。

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜漫画1巻ネタバレ考察 丘上あい

丘上あい先生の新作漫画「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす〜」1巻のネタバレと考察です。 優しくハンサムな完璧夫・一真(カズ ...

 

ランキング3位!『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~』

 

安武わたる先生の「声なきものの唄」は、知る人ぞ知る隠れた名作で毎話読み切り形式で、親の借金のために女郎として売られてしまったチヌの人生が描かれています。

女郎漫画、というと暗くてみじめ、絶望という言葉が並びそうなイメージですが、そうではありません。

悲しみの中でも絶望せずにたくましく環境を受け入れ、「若様」という後ろ盾を得て「千鳥太夫」として遊郭で輝いていくチヌの姿に、ときには涙し、ときには感動する物語です。

声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~ネタバレ 第1話 女の競り市

明治時代に瀬戸内海で、父と姉のサヨリと共に穏やかに暮らしていた少女・チヌ。 ところが父がシケの日に漁に出てしまい帰らぬ人 ...

 

ランキング4位!『家政婦 市川春子の報告シリーズ』

 

「聞いちゃった、聞いちゃったーッ!」

と、好奇心旺盛すぎる家政婦・市川春子がセレブ家庭の裏を覗いて巨悪を発見、お仕置きするという痛快コメディ。

(コメディというべきかわかんないけど、とにかく笑える)

あんまりアクセスがないので、「マイナーな漫画なのかなあ」というお話なんですが、この手の作品読んだことないひとにこそ、見てもらいたい作品。

 

ランキング5位!『SNS地獄』

 

「SNSの中で輝いているワタシ」

に夢中になるOLの物語で、いわゆる「インスタ映え」に人生のすべてをかけて嘘で塗り固めた末に、SNS特有の恐ろしいトラブルに巻き込まれるストーリー。

「いいね!」がほしくて借金してまでブランドバッグを購入、質屋へ直行、という見栄をはるためならどんなことでもするドン引き生活。

本当にありえそうなお話なので、他人事に感じられないかも。

SNS地獄(漫画)ネタバレ感想 高村しづ・とらふぐ作

SNS地獄(漫画)ネタバレ感想 高村しづ・とらふぐ作 鬼女デラックスの漫画「SNS地獄(高村しづ・とらふぐ作)」のネタバ ...

 

振り返ると、いろんな漫画が出版されていますね。星の数ほどたくさんの漫画があり、面白い作品もどんどん埋もれていってしまいがちなので、そうした作品をこれからもご紹介できれば、と思います。

人気が出るのは一握りですが、素敵な面白い作品を描く作家さんを応援したいです。

 

寒い冬はコタツに入りながら、面白いコミックを読んで過ごすのが最高!

みなさんも良いお年をお迎えくださいませ。

 

当サイトのまとめサイトへの転載・リライトは禁止です。

 

Copyright© 漫画ネタバレまとめブログ , 2020 All Rights Reserved.